blog

Your Dream – Imaginary Situation @下北沢Club Que

1/26に、佐々木宏人さん率いるfairly hairy situationの主催ライブを観てきました。

 

一番手の村上ユカさんは、オリエンタルな香りも漂うキャッチーなテクノポップ。美しい高域が映えるボーカルも素晴らしい。
元々はVita Novaに参加されているので知ったのだったかな。個人的にバックグラウンドも近かったりしてずっと気になっていたので、ようやく生で聴けてよかった。

 

二番手のイーラちゃん楽団(夜)は、この日としては異色な音。室内楽のような編成ながら、ちょっとふざけたようでいてその実とても高度な演奏。マイケルジャクソンの「スリラー」など、不思議な選曲もあって、なんだか可笑しくも楽しい時間でした。

 

三番手はNeoBallad。こちらはすでにCTO LAB.等との対バンでも何回か拝見していますが、民謡の持つエキゾチックな魅力とテクノポップのデジタルな音色、さらに上領さんのパワフルで正確なドラムが加わり、相変わらず唯一無二の存在感。

 

そしてトリのfairly hairy situation。曲自体の良さはもちろんですが、ライブ用にリアレンジも施されていたそうで、それもあってか、より一体感を増した音がとても気持ちいい。新しいバンドがどんどん(良い意味で)変化していく過程を見ている感じがすごくします。
今回はベースの貝塚さんはいらっしゃらなかったですが、この状態で参加されるケースというのも含め、今後がまたさらに楽しみです。

 

どのアーティストもとても見ごたえのある、良いイベントでした。


Category:ライブ観覧記, 音楽| 2018年2月5日

小貝川野焼き

毎年恒例、小貝川河畔の野焼きに行ってきました。
枯れたヨシやオギといった大型の植物を焼き払い、日光が地面に届くようにして、ノウルシやヒキノカサなど、絶滅が危惧されるような小さな草本が再び芽生えて生育できるようにするための作業です。
私は学生時代は絶滅危惧植物の保全に関する研究をしていたので、その頃からのご縁でいまも参加しています。

 

詳細は、東邦大学の西廣淳さんのページにも記されています。
http://www.toho-u.ac.jp/sci/env/column/034429.html

 
 

昨年の様子もYoutubeにアップされています(密かに私も写っています 笑)。


Category:日々徒然| 2018年1月31日

JAPAN Game Music Festival II:Re

さて、また間が空いてしまいましたが、14日に”JAPAN Game Music Festival II:Re”を観てきました。
こうやっていろいろいちどきに聴いてみると、生演奏になっても、ゲーム音楽の中にも色々時代性みたいなものが垣間見られて面白いなあと。なんだかんだ、もう何十年もの歴史になってきましたもんね。

 

ご招待くださった成田勤さんのStella Magnaは、ゴリゴリな激しさと美しさが共存したヘヴィメタル。
演奏メンバーもみんな凄腕で、ステージングも素晴らしく、とても見ごたえがありました。
まだできたばかりのバンドですが、今後も楽しみですね。


Category:ライブ観覧記, 音楽| 2018年1月24日

Category